Switch ポケモン 商品紹介

発売直前!! ポケモンダイパリメイクのココが気になる新要素【BDSP】

投稿日:2021年11月17日 更新日:

Pocket

いよいよ、今週2021年11月19日(金)「ポケットモンスター ブリリアントダイヤモンド シャイニングパールが発売されます!!(以下、ダイパリメイク)

 

今回は、発売直前ということでポケモンダイパリメイクの気になる新要素を改めて、ピックアップしてみようと思います!

発売前なので、なんとかこの内容で落ち着かせようと思ってます…笑

 

発売直前!! ポケモンダイパリメイクのココが気になる新要素【BDSP】

たんけんセットが更なる進化!!「地下大洞窟で新たな大冒険へ」

前作でもお馴染みの「ちかつうろ」が超パワーアップして「地下大洞窟」へと進化しました!!

地下大洞窟では、前作のちかつうろでも使用した「たんけんセット」を使用することで地下大洞窟へ行くことが出来ます。

カセキほりをしたり、「ひみつきち」を作ったり、新要素である「ポケモンの隠れ家」というシンオウ地方で生息しないポケモンが登場することもあるそうです!

 

今作の「カセキほり」では、ゲーム内のどうぐ、進化の石やポケモンのカセキなどを前作同様に採掘することが出来ます。

なんとDSのタッチパネルと同様にSwitchのタッチパネルにも対応しているようで、昔のようにカセキほりを楽しむことが出来ます。

 

「ひみつきち」では、地下大洞窟内で、「あなほりドリル」という道具を使うことで、ひみつきちを作ることが出来ます。

過去作同様にひみつきち内で、好きなように内装を作れる他に、新要素としてカセキほりの際に入手が出来る「ポケモンの石像」をひみつきち内に設置することで、新しい要素の「ポケモンの隠れ家」に出現するポケモンに変化があるようです。

なので、シンオウ地方以外のポケモンたちをゲットしたい人は、カセキほりを進めてポケモンの石像を集めていく必要もあるようです!

 

今作Switchの通信機能でインターネット通信により、遠くに離れたプレイヤーと地下大洞窟を一緒に楽しめるようになるようなので、より一層オンラインプレイが楽しくなりそうです!

前作では、懐かしい人もいるとは思いますが、ちかつうろで何回か他のプレイヤーとの通信であうことでミカルゲをゲットするなどの要素がありましたが、今回もあるのでしょうか?

(昔は自分のダイパソフト2つを本体2つで通信して、ミカルゲをゲットしていた悲しい過去とはおさらばです…)

 

パルパークが新施設「ハマナスパーク」が登場!!

今作ダイパリメイクでは、過去作であったポケモンルビーサファイアから、ポケモンを移動してくる施設がありましたが、今作ダイパリメイクでは、新たな施設「ハマナスパーク」が登場します!

殿堂入り後に使用できるこの施設では、ハマナスパーク内にある洞窟が何個かあり、そこでは伝説のポケモンが登場するようです。

 

出現するポケモンは、両バージョン共通で出現する伝説のポケモンもありますが、バージョン別で出現するしないの伝説のポケモンもいます!

全てをゲットするには、やはりポケモン交換か2つのバージョンを購入するしかないかもしれません…

 

ハマナスパークで、個人的に注目しているのは、伝説のポケモンの洞窟前に石版が置かれているのですが、その石版の形が昔のゲームカートリッジの形をしていて、例えばミュウツーはゲームボーイ、レックウザの場合は緑のアドバンスのカートリッジを模した石版が置かれているようです。

個人的にゲームボーイやアドバンスのカートリッジはものすごくエモい仕様になっているので、他の伝説のポケモンの時の石版も気になります!

 

ポケモンの連れ歩きに着せ替えと楽しい要素が追加!!

ダイパリメイクでは、過去作の本当に良い要素として、ポケモンの「連れ歩き」と、主人公のコスチュームの「きせかえ」機能がダイパリメイクでも実装されます。

ダイパリメイクでは、パワーアップした連れ歩きが実装されていて、手持ちのポケモン1体、全ての種類のポケモンが連れ歩きすることが出来ます。

 

きせかえは、過去作のダイパではなかった要素ではありましたが、今作のダイパリメイクでは実装されます。

ポケモンの新作が出るたびに、連れ歩きやきせかえなどのポケモンのさまざまな過去作の要素が徐々に追加されていっているので、ストーリーを進める中で主人公自身にも愛着が湧いていって、ポケモンの旅がより一層楽しめている気がします!

 

今回ピックアップしていない要素として、大きな要素であるポケモンコンテストの変更などもありました。

前作で私自身ポケモンコンテストをあまり遊んでいなかった部分もあるので、前作と比べて伝えることが出来ないと思い省略させてもらいましたが、今作はダンス審査などで音ゲーの要素も追加されているみたいなのでコンテストも挑戦してみたいなと感じてます。

「ボールデコ」というトレーナーがモンスターボールからポケモンを出すときのエフェクトがダイパでは、大きな要素とも言える機能もあり、コンテストではボールデコも一緒に遊んでみようと思います。

 

ダイパリメイクのボリューム、そして本当に満足できるのか…?

さて、今まではダイパリメイクで気になる機能の進化や追加要素を紹介していきましたが、やっぱり不安なことも沢山あります。

多分この部分が発売後、ダイパリメイク全体のボリューム感などにつながるのではないかなと思うので、そこを少しだけ深堀してみたいと思います!

 

ダイパリメイクであの施設や島が消えた…?

今公開されている情報の中で、少し不安な要素があるとすれば、トバリシティの「ゲームコーナー」が無くなり、きせかえ用のお店に変わっていることで、ゲームコーナーがなくなってしまった…

最近では、ギャンブルなどの要素は子供向けゲームでは、嫌われる存在となっているようで、ゲームコーナーの部分が変更されてしまったようです。

 

謎ではありますがダークライがいた「しんげつじま」マップ上から消えていたりなど、元々あった要素が無くなっているのは理由があるにしろ悲しいと感じる部分ではあります。

その穴埋めと+αで追加要素があれば、本当のところ良いのですが、事前情報では何も明かされていないので少々満足感で言えば不安を感じる点ではあります。

 

発売後のアップデートが対応!?

ポケモンにしては珍しい発売後によるアップデートが予定されています。

このことに関しては、若干開発自体が遅れてしまっているのではないか?

という話も出ていますが、ポケモンでもやっぱり起こってしまうフラゲによるネタバレが防げて個人的には良いのではないかなと感じています。

 

アップデートの内容自体は、ゲーム内要素である「ユニオンルーム」やゲーム内施設、ポケモンセンター内の機能などが追加されるようです。

若干気になっていることで、プラチナではなくダイパリメイクなので「バトルフロンティア」が出てくることはなさそうではありますが、「バトルタワー」だけでも実装されないのかな〜とは、ちょっと思っています。

完全にダイパに沿ってリメイクされるのも思い出的に良いのですが、ポケモンORASまではいかなくても、ポケモンFRRGの時の7島のようにクリア後に少しでもワクワク感を感じられると嬉しいです。

 

最後に…

2006年9月28日に発売されたダイヤモンドパールが約15年の歳月を経て、リメイク作として発売することになり、ニンテンドーDSからSwitchへと進化もしました!

ブログ主も15年前のまだ小さい頃、何十何百時間、下手したら何千時間と遊んだ思い出のあるポケモンタイトルです!

今のところ大きな追加シナリオは、発表されてはいませんが、リメイクされまた遊べるだけで嬉しい人間なので、とても楽しみです!!

新要素自体もあったら嬉しいな程度で、純粋に昔に戻る気持ちでダイパリメイクを楽しんでいきたいと思います♪

 

-Switch, ポケモン, 商品紹介
-, , ,

Copyright© ぼくらのゲーム日記 , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.